スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球生まれの宇宙人

優しい人と居ると優しくなる
君が意地悪になるワケだ

言葉は心の中 写すから
君を優しくさせなきゃ

喜びと悲しみはセットでやってくる
幸せだって囓(かじ)って行けば きっとどこかで苦い気がする

地球で生まれただけの どこにもいそうな宇宙人
そうかな 僕だけなのかな

どんなに上を向いて歩いても
やっぱり涙はこぼれる


(詞:ASKA 地球生まれの宇宙人)


一昨日、言っていたように椿屋四重奏を聴いていて
昨日はコブクロのベストを聞いていました。
他の人の曲を聴くと最後にASKAさんが聞きたくなります。
これ前はKAT-TUNもそうだったんだけど
キンキ同様KAT-TUNも私の中で耳に馴染んだのか
それはなくなったなぁ。

それは多分珍しいモノを食べたあとは家でお茶漬けが食べたくなるようなそんな感覚で。
自分が聞き慣れている、耳が慣れているモノを最後に聞くとホッとするというか。

椿屋四重奏もコブクロも好きな曲がいくつかあったけど
まだそれでは「落ち着く」感覚がないんでしょうね。

そんなわけで昨日の夜ちーあーのアルバムを聞いてました。


この曲の歌詞がねぇ私はとても好きなのです。
「優しい人と居ると優しくなる」と言ってから
「君を優しくさせなきゃ」というところ。
要するにそれって自分が優しくなりたいのをこう言い換えてるわけですね。
これってやっぱりASKAさんなんだなぁ。
ASKAさんにしか書けない歌詞なんだなぁ。

「幸せだって囓って行けば きっとどこかで苦い気がする」
という歌詞とか。

アルバムの発売が発表になって曲目が発表になったとき
「大丈夫か、あーさん!!」と思ったけれど(超失礼

このタイトルの「地球生まれの宇宙人」というのも
ASKAさんの言葉遊びが存分に発揮されてるタイトルでねぇ。
要するに世の中って「自分と自分以外」
自分を魅せようとすればするほど誤解されたりする。
でもこの曲はそういう「悲壮感」ではなくて。

そういう「わかってもらえない」こともある。
だからどんなに上を向いたって涙はこぼれる。
これはもちろんあの有名な歌のことね。
「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」
でも僕はこぼれちゃうよ、だって宇宙人だから。
そんなASKAさんのイジワルな言い回し。

わかってもらえないこともある。
自分が1人だと思うこともある。
だけど人には優しくしていたい。

すごーく優しい歌詞なんだなぁ。
だからすごーく優しく歌ってるの。


毎日ななを叱っている自分を少し反省。
「優しい人と居ると優しくなる」
これは子どもも大人も一緒だよね。

拍手コメントでこのブログが好きと言って下さる方。
毎日来てますと言って下さる方。
カツン友なのにちーあーがWS出てると捕獲してくれる友達。
何か困ったー!と言うと一緒に考えてくれる友達。
リアルでもネットでも自分の気持ちが優しくなれるのは
やっぱり誰かが優しくしてくれた時で。

一つと一秒と一歩 昨日を楽しく語りたい
大げさに 明日の近くで


自分のことをよく知ってもらいたくていろんなことを書くけど
どこかで「理解してもらえない」疎外感を感じる事もある。
それでもやっぱりまわりの人には優しくしたいし
自分も誰かに優しくしてもらいたい。

やっぱり私の中でいつまでもASKAさんっていうのは「道標(みちしるべ)」で。

前に話した「音楽と人」の中で、椿屋四重奏の中田さんが言ってました。
人を励ます曲ってたくさんあるけどそれはどれもある世代をついてる。
だけどASKAさんの歌詞は違う。
若い世代ももっと上の世代も同じ曲を聴いて励まされる。
というようなことを言ってて。
それはすごく納得しちゃった。

私とASKAさんじゃ20歳も違うけれど
(ASKAさんがデビューした年(21歳)に生まれたの)
共感できる歌詞はたくさんあって。

この曲って30になった時に聞いたらどう思うんだろうって
ハタチの頃思ったこともある。
なんか別の想いでこの曲って聞けそうだな、みたいな。
みんなそれぞれ「想い出の曲」ってあると思うんだ。
この曲を聴くとはじめて付き合った彼氏のことを思い出す。
この曲を聴くと~~で苦しかった頃のことを思い出すとか。
でも私の中のASKAさんの曲ってそればかりじゃなくて
聞く度に、もう何十回、何百回、それこそCDが割れる程に聴いた曲でも
ふと聞くと違う歌詞に目がいったり、違う感想を持ったり。
その時その時の私の状況でまた感想が変わったりする。
それに気づいた時、あぁ「想い出の曲」と「良い曲」の違いはそこなのかもしれない、と思った。

ASKAさんの歌詞が好きで、そこから私のASKA好きははじまりました。
コンサートに行くまで一度もASKAさんをかっこいいと思ったことなかったし。

私の人生でASKAさんに出会えたこと。
これほど大きな出会いはなく。

ASKAさんに出会っていなければ北海道を出ることもなかった。
そう考えると今出会っているほとんどの人と出会う機会はなかった。
それはちゃげあすファンのお友達に限らず。

一生、私の中で誰も越えられない人、それがASKAさんなんです。


今まで何度もそれは認識してきたけれど
昨日また改めてこの人ほど私の中で「特別な人」はいないと思ったのでした。


(拍手ボタンです)

>ASKAさんvv

そして「太ったな」とか思ってゴメンね(笑)
6月までにはスリムになっててね(コラー!

Comment

2007.03.30 Fri 12:07  |  

ぴゅーちゃんみたいな人が ちーあーファンには多いんだろうね
だから ライブで号泣する人が多いんだと思う。
私は特別な思いいれはないんだけど、そういう人たちに囲まれてるせいもあってかな?ライブいくと ゾクゾクくるんよ。
そんなわけで4月が楽しみ♪

  • #-
  • まえはらっち
  • URL

2007.03.30 Fri 13:17  |  

ぴゅーさんの文章には、いつもどこか端々に言葉遊びや、深い言葉があって「ASKAさんの影響なんだろな」って思いながら読むこと、すっごく多いよ。
歌詞を自分なりに解釈したり、綺麗な言葉に感動したり…最近、日常に必死でなかなか出来てなくて、でもたまにぴゅーさんが今回の様なエントリーをあげてくれるから、ちょっと立ち止まったりできるよ。
ありがとねo(^-^)o

  • #-
  • 優結
  • URL

2007.03.30 Fri 15:13  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2007.03.30 Fri 20:45  |  

世の中おそらく音楽を必要としない人は必要とする人より遥かに多いでしょう。
それは音楽に限ったことではありませんが、
いつも側に感じていたい音楽の存在があり、
詞や曲のもつ力は伝える人次第で
確実に誰かにとっての励みになり救いや勇気につながる、
そうして音楽の力を強く信じられることは
本当に幸せなことだと思います。

  • #-
  • えりか
  • URL

2007.03.31 Sat 10:01  |  

>まえはらっち。

そうだね。
確かにチャゲアスコンサートは泣いてる人多いなー。
やっぱりちゃんと一つの世界観を持っているからこそ
共感できることが多いんだと思うよ。
中田さんとの対談であーさんが言ってたけど
自分たちは痛みすらレコーディングしなきゃいけないって。
あっちがそうやって真っ向勝負してくるんだもの。
こっちもちゃんと受けとめようとするとなんか自然と泣けるんだよね。

>優結さん

そんなことばもらってホントに嬉しい!
うん、毎日はバタバタと過ぎていくけど
素敵な言葉はたくさん落ちてて
それを素通りしていくか、できる限り拾っていくかで
人間って大きく変わる気がする。
当たり前の風景に目を留められるかどうか、みたいなね。

>ひよさん

そうそうこれはひとつの信頼関係だね。
ASKAさんがよく「音楽で最高の贅沢をしよう」って言うんだけど。
ナマで伝わるモノってホントに贅沢なものだと思う。
直接ASKAさんを受けとめられるナマは
やっぱりすごい威圧感もあるし。
どんなに遠くからでもいい、あの人と同じ空気を吸ってる時間は最高の幸せ。

ミッチーいいよねー。
「王子ちゃんとやってる?」って光ちゃんに聞いたの超かわいかったー♪
今夜、桃色倶楽部でが好き。
フィアンセになりたいとか。
やな家もおもしろかったよ?(笑)

>えりかさん

ほんとね、音楽に限らず美術とかなんにしても
誰かから自分へ直接的に受けた言葉じゃないものに
感動できるってとっても幸せだと思うよ。
そういう人に出会えることって最高の幸せだって思える。
私は一生この人についていこうと思えるくらい
ASKAさんを絶対的に信頼しているので
そういう出会いはホントにまれなんだろうな、って思う。
私がASKAさんを選んだのか、ASKAさんが私を選んでくれたのかはわからないけど。

  • #-
  • PUPIL
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://modejun.blog69.fc2.com/tb.php/403-898bb074
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Profile

PUPIL

Author:PUPIL
HNは「ぴゅーぴる」とお呼びください。
慣れたら「ぴゅーちゃん」でいいです。

尊敬というか敬愛というか畏怖?
■ASKAさん
LOVE
■堂本光一様
■田口淳之介
↑私のジャニ界の2TOP↑
コンビはでんでん最強!
でんでん大好き♪

イケメンが好きなんじゃないの。
オトコマエが好きなの。

声優さん
■遊佐浩二
■神谷浩史
↑私の声優界の2TOP↑
■中村悠一
■小野大輔
■鈴村健一

あれよあれよで30代、北海道在住。
テンション割とたかめ。

Counter

calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

recent comments

お友達ブログ更新情報

*mailはこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

links

Archives

Categories

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © PUPIL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。