スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白虎隊」第二夜

結局大河から3時間半プラス堂本兄弟。
もうなんか頭がクラクラしますけど。
忘れないうちに書いておきます。


儀三郎と儀三郎のお母さんに感動しまくったーーーーーーーーーー!!!!!!



やっぱりこれだよ、これ!
日本人だよ!
これが日本人の美学であり、誇りであり。。。

儀三郎が自害するところはめちゃくちゃじーんとしたけど
そこがもちろん一番だったんだけど
あの弱そうだったお母さんが儀三郎が死んだとわかったあとも
強かったことにすげー感動した。

というかこれは私の不勉強なんですが
白虎隊って私、当時生き残った全員が飯盛山で自害したんだと思ってたの。
そして1人だけ死にきれずに戻ってきたんだと。
違ったんですね。
あそこで死んだのはごく一部で8割は生き残ったんだそうで。

どうしても儀三郎目線で見ていたので
峰治が起きあがりこぼしを見て生きようとするところは
「生きるのはお前じゃねぇーーー!!!」と言いたくなったんですが
(ごめんなさい)
峰治が儀三郎のお母さんとメイサちゃん(役名なんだっけ?)のお母さんの前で
泣き崩れるところを見たらこの時代はやっぱり
死ぬよりも生きる方が辛い時代だったんだなと思いました。

そして意外と長生きなんですね、容保公は(笑)

今回は「生きる」ことがテーマだったから生き残った峰治がメインだったわけですが
(愛犬クマに会ったのも実話なんですね)
殿のために、幕府のために、儚く散っていく姿も美しいし
一方で後生のために必死で生きる姿も美しいなと思いました。
峰治のおばあちゃんが「立派に死んでくれと送り出すけれど
息子が死んで嬉しい母親なんかいない」と言ってたけど
本当にその通りだなぁと思いました。

時代は違うけど太平洋戦争でアメリカは日本の神風特攻隊に対して
かなり強い恐怖心をもっていたと聞きます。
自分の命を投げうっても祖国や天皇、そして愛する人たちを守ろうとする
その意志の強さというか潔さというかそういうものってやっぱり凄いと思う。
決して「死ぬ」ことが美しいんじゃなくて
「命に代えても守りたいもの」を持っていることが美しいんだと思う。
そういう姿の前には敵の誰もが怯えるのだと思う。

私が幕末好きなのは坂本竜馬というカリスマがいたことも去ることながら
ただの農民でさえも今日本の為に何ができるかを考えていたことです。
(当時はまだ「日本」という概念を持っていた人はほとんどいなかったけど
 それに代わるものが幕府であり、藩であったと思う)
そして自分たちが何かを変えられると信じていること。
だからこそ意見の違う人たちと殺し合いをしてしまうんだけれども
やっぱりそういう気持ちが大切なんだと思います。

私たちもそういう日本人の気概を持って生きていかなくてはなりませんね。
そのために今の私たちができることは「納税」と「選挙に行くこと」なんだと思います。
(どうでもいいけど民主党のあのCMどうにかならんかね・笑
 政権持ってない政党のCMとしては合わない気がするんだけど)


あ。
こんなに長く語るつもりじゃなかったのに。
儀三郎に感動したことだけ伝えたかっただけなのに(;・∀・)

あと思うのは確か白虎隊の飯盛山の遺体はしばらく放置されたんですよね。
新政府軍(薩長?)が埋葬を認めなかったと聞きます。
新選組も同じでずーっと新政府に対抗した敵として悪者と捉えられていたんですよね。
それが時代が経ってやっと彼らの彼らなりの主張が認められてきた。
確か新選組は昭和(というか戦後)に入ってからだったと思います。
時代によっても過去のその時代の見方が変わるわけで。
それもまた歴史の醍醐味なんだけども。
やっぱりあの生き方、死に方を美しいと思える現代に生きれて嬉しいです。

聖くんがこのドラマに出なかった見なかったと思うし
ありがとうと伝えたいですね。
聖くんが演じた中で私は一番好きなドラマでした。

なにげ最後の締めくくりが司馬遼太郎さんだったトコもよかった!

Comment

2007.01.08 Mon 05:39  |  白虎隊

私も聖が出てなかったから見なかったと思うから、聖に感謝したよ!私は歴史とかよくわかんないんだけど、母親の立場で見ちゃって辛かった(T_T)

  • #qwMsl7Ik
  • ハル
  • URL
  • Edit

2007.01.08 Mon 08:10  |  

子供達と一緒に見てて、儀三郎の切腹のあと四歳の息子に「こおきが死んじゃったらKAT-TUNはどうなるの?」って聞かれたの。現実と造り物との区別がつかなかったみたいで(^_^;)
ヤマピーじゃないけど、これが昔本当にあったことで、今の平和が続くように努力して行くためにいっぱい、いろんな勉強しようねと、熱く語ってしまったよ(^_^;) 拙いなりにもちゃんと教えるのは親の責任かな~なんて、珍しく深く考えた番組でした。
あと、薬師丸ひろこや若村まゆみが母親役なことに軽くショック(笑)…ゆうととかなら私も十分母親役じゃんって(爆笑)
(長々ごめんなさい)

  • #-
  • 優結
  • URL

2007.01.08 Mon 11:02  |  

>やっぱりあの生き方、死に方を美しいと思える現代に生きれて嬉しいです。
私もそう思う!
違うように時代が進んでたら 今はどうなってたんだろうね。
大和魂って こーいうことかー て思った。

  • #-
  • まえはらっち
  • URL

2007.01.08 Mon 13:31  |  

昨日の白虎隊、何度もリピってしまいました。
私はPUPILさんのように深く考えずに「おもしろいなー」って感じで見てしまったので、お恥ずかしい限りです。
私が幕末が好きなのって沖田総司が好きだからなんですが、『切腹』とか『介錯』っていう言葉に興味をもったからなんですよ。
中学の頃、それが『美しい』と思ったんです。
だから、白虎隊もそのシーンばかり目に入って親子のシーンとかそっちのけでした。汗
切腹と自刃は今の自ら命を落とす自殺とは全く別モノだと思っているのです。
あの時代、主君のために命を投げ出すことが『美しい』とされて、幸せな時代に生きても『美しい』と思えるのって不思議ですね。

儀三郎は最期に詩を残してるんですよ。
17歳の少年がですよ。スゴイですよね。
19人の屍は金目の物は盗賊に持って行かれて、放置された後、葬られたそうです。
生き残った人達も息を潜めて生活したんでしょうね。
飯沼氏も生きたことを恥て生活していたようです。だから酒井峰治の手記も平成になってから発見されたし。

生きることがいかに大変かと思い知らされ、でもどんなに辛くても自ら死んではダメだと思い知らされたドラマでした。

聖の切腹シーンの頬を膨らませて気合いを入れる姿に惚れ惚れしてしまいました。笑

長々と個人的な感想をコメントに書いてしまってすみませんでしたっ!!!

  • #-
  • エミ☆
  • URL

2007.01.08 Mon 17:33  |  

>ハルさん

そうそう私も「親子の絆」より「隊士の絆」が見たいーと思いつつもついうっかり泣きそうになってやっぱり母親目線なのかなーと思ってしまいました。
あんまり親子愛で泣かせます系好きじゃないんだけどね。

>優結さん

そうですねーそういうことを語り継いで行くことが
私たちにできる唯一のことですからねぇ。
うちのチビは聖くんだということさえ気づかなかったっぽいわ。

>まえはらっち。

だよねー。
そう考えると歴史っていろんな見方があるから
私たちが悪者だと思っている人は
意外と違うかも知れないし
そういう意味でも歴史というのは奥が深いですな。

>エミ☆ちゃん

私もそう思います。
切腹や自刃・自害と自殺は違うと思う。
切腹は自分の責任の果たし方であって
自刃や自害というのは捧げるものがあって死に行くわけで
目の前にあるものから逃げる自殺とは全く意味が違う。
エミちゃんがブログに書いてたあの女性達が死んだあと
敵が味方のフリをして介錯するシーン
私もじーんときました。
敵でありながらも部屋をあけた瞬間
彼女たちの意志を読み取り、綺麗な最期をと
その意志を尊重したところが
あの時代敵であっても味方であっても「死に方」に対する思いは一緒だったんだなぁと。

確か新選組の斉藤一も晩年になるまで
自分が新選組隊士だったことを語らなかったと言いますね。
例えば音楽家が評価されるのが死後数百年たってからだったりするように
歴史もその時の一般の評価と100年後200年後の評価は違うんだなぁと。
そう思うと今身の回りで起こっていることも
今報道しているメディアの評価が絶対ではないんだから
自分なりの尺度ではかっていくことが必要なんだと思います。

白虎隊関係を見たり読んだりするのは今回が初だったので良い勉強になりました!

  • #-
  • PUPIL
  • URL

2007.01.08 Mon 21:57  |  

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ツキナミな挨拶で始まりましたが(笑)白虎隊は何度見ても涙、涙ですね。
私はどうしても母親目線で見てしまうので彼らが苦しんでいる姿を見るとどうも涙が止まらないのです。
・・・この時代に生まれて本当に良かった。

2007.01.09 Tue 09:40  |  

>minaさん

こちらこそよろしくお願いします。

そうですね、私はこの時代の生き方って素晴らしいと思うけれど
やっぱりこんな簡単に自分の子供が死なれてはたまりません。
現代に産まれてよかったと思います。
でも日本人って本来もっと我慢強い気質だと思うのに
最近それが感じられずその辺が残念だなぁと思う今日この頃です。

  • #-
  • PUPIL
  • URL

2007.02.20 Tue 00:15  |  

今さら見ました。
時間も長いし、容量もくっているから早く編集して落とそうと軽く再生したらダメでした。
詳しい背景とかが理解出来きっていないのが悔しいですが、みんなの演技、そしてこの時代の人々に涙です。
聖くん、素晴らしかったですね(ノω・、) ウゥ・・・

  • #l/VZmCVM
  • 小鳥
  • URL
  • Edit

2007.02.20 Tue 00:27  |  

今頃何ごとかと(笑)
いいよねーこの儀三郎が聖くん演じた中で一番好きです。
それを越えられるか、田中三郎!!!

あ、間違えた(´∀`)
田中は三郎じゃなくて一郎だった♪
<わざとだろ

  • #-
  • PUPIL
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://modejun.blog69.fc2.com/tb.php/283-932fdf5e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Profile

PUPIL

Author:PUPIL
HNは「ぴゅーぴる」とお呼びください。
慣れたら「ぴゅーちゃん」でいいです。

尊敬というか敬愛というか畏怖?
■ASKAさん
LOVE
■堂本光一様
■田口淳之介
↑私のジャニ界の2TOP↑
コンビはでんでん最強!
でんでん大好き♪

イケメンが好きなんじゃないの。
オトコマエが好きなの。

声優さん
■遊佐浩二
■神谷浩史
↑私の声優界の2TOP↑
■中村悠一
■小野大輔
■鈴村健一

あれよあれよで30代、北海道在住。
テンション割とたかめ。

Counter

calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

recent comments

お友達ブログ更新情報

*mailはこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

links

Archives

Categories

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © PUPIL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。