スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版・ガンダム00 舞台挨拶

(舞台挨拶が上映後だった為、ネタバレ含みます!!)


9月18日に公開となった劇場版・ガンダム00
昨日はその舞台挨拶でした。

登壇者は
刹那・F・セイエイ役 宮野真守さん
ロックオン・ストラトス役 三木眞一郎さん
アレルヤ・ハプティズム役 吉野裕行さん
ティエリア・アーデ役 神谷浩史さん
グラハム・エーカー役 中村悠一さん
そして水島精一監督
でした。

初めて見たのは三木さんと監督。
マモちゃん・よっちん・ゆうきゃんは2度目で
浩史は3度目でした。
この3ヶ月濃かったなぁ。

私が入ったのはなんば(パークス)で
14:20(上映後)と17:20(上映前)
はじまる前と終わってからの映画もしっかり見ましたよー。
1日で2回同じ映画を見るってなかなか経験ないよね。

昼前に友達と合流してランチして
もちろんみんな声ヲタなんだけどそれでいてジャニヲタっていうね。
どこにでも生息するジャニヲタ。
しかも3人が光ちゃん。
相変わらず類友ですよ。

マモちゃんのブログに載ってる浩史(一番左)が可愛い(≧∇≦)


14:20 上映後(3列目4番)

まさかの3列目!
1~4番を友達が取ってくれてかなりの神席でした。
超はじっこだったんだけどね。

まさかまさかうちらの席の後ろから入場!
私は通路側3列目だったのでものすごく近くをキャストのみなさんが通っていきました。
特にステージがあるわけじゃないので教壇みたいな壇に登っての挨拶。
MBSのアナウンサーが司会で並び的に
司会 浩史 よっちん 三木さん マモちゃん ゆうきゃん 監督
でした。
三木さんとマモちゃん背は高いしスタイルいいしもうかっこいいかっこいい!
ちっちゃい組のよっちんと浩史はかわいいし
ぽっちゃり組<オィ の監督とゆうきゃん。
ゆうきゃんは全身黒でちょっとラメってました。
浩史は白シャツにグレーのジレ(後ろがグラデーションになってる)に黒パンツ、黒靴。
三木さんマモちゃんよっちんはブーツだったなぁ。
割とみんなシックなモノトーン系だったけど三木さんだけ青っぽい柄(チェック?)のシャツだった気がする。

最初の挨拶(マモちゃん→三木さん→よっちん→浩史→ゆうきゃん→監督の順)
まぁ普通に「みなさんこんにちはー(役名)役の(名前)です」程度なんだけど
よっちんくんはアレルヤ・ハプティズム役を噛まずに言えないんだろうか(笑)
いつも噛んでる気がする(´∀`)

映画ができあがっての感想と見所(同じ順番で)
もうね、これがねー・゚・(ノД`)・゚・。
三木さんが「ライルっていうのは唯一生身の人間なんだ」と。
刹那はイノベーターになって人からちょっと高い位置になり
アレルヤは脳内がアレだしね
ティエは人じゃねーし←そこまでは言ってません(笑)
それぞれに優れたものを持っているけどライルだけは
生身の人間なんだよね。
きっと他に優れた人がいるかもしれない。
でもライルが選ばれた意味があるはず。
そしてライルだけ幸せになってないのです。
(アニューが)「死んじゃったから」って言った三木さんの声が切なかった。
刹那はマリアと最後抱き合うし
アレルヤは女と一緒に戦うし
ティエリアは大好きなヴェーダとくっつくし←これ爆笑だった(笑)
でも幸せになれなかったライルだからこそ
「アニューとだってわかりあえた」っていうセリフに意味があったって。
このセリフを言った時、三木さん言葉詰まっちゃったの。
三木さん・゚・(ノД`)・゚・。
私も映画を見た時にこのセリフが好きだったから
ほんとにあぁライルの人生を三木さんはちゃんと考えてたんだなーって思った。
私はロックオンといえばやっぱりニールが好きなんだけど
でも2ndのライルの人生をちゃんと三木さんは背負ってたんだなぁって
当たり前っていうか逆にこんなこと言うの失礼なんだけど
それがすごく嬉しくて泣いてしまいました。

浩史はそれぞれに見所があって
刹那もいっぱいあるし
アレルヤのアクションとか
「ロックオンの『乱れ撃つぜ』とかチョーかっこいいし!あ、グラハム・・・・」
って言ってみんながゆうきゃんに向かって
敬礼するのがおもしろかった。監督まで(笑)
で、ティエとしては身体を手放すシーンの最後の表情。
多分1stの時にこういうことになってたら無表情だったと思う。
でもあれからいろんなことがあってこの状況になっての
あの表情なんだって言ってた。
それを聞いて2回目見たらあの表情に泣けた。

途中チビティエリアの話から
「オィ刹那」って目玉親父ボイスを出してたりして
(実際に監督にそういう声じゃなくていいのかと聞いたらしい・笑)
笑いもいっぱいあったんだけど
三木さんがそんな話をしたこともあって
浩史の目がどんどん潤んでいってさ。
照明があたってキラキラしてるわけ。
すっごい涙を溜めている浩史が見えて・・・・。
00にかけた4年の集大成がここにあるんだなと改めて。
もう本当に感動しました。

あとゆうきゃんが全身黒だったんだけどそれはグラハムに対する喪服だと。
それも泣けたーーーー!
そんなゆうきゃんはロシアの荒熊の息子のシーンが良かったって言ってたなぁ。
あの人も死んじゃったんだよね?って監督に聞いて
監督が「え?それを俺に聞くの?あぁ死んだよ?」ってあっさり!監督ぅー!

最後の挨拶(ゆうきゃん→浩史→よっちん→三木さん→マモちゃん→監督)
でゆうきゃんが「正直な話、何人入ったかなんてどうでもいいんです」って。
それよりも多くの人の心に何かを訴えかける作品であって欲しいと。
ゆうきゃん・゚・(ノД`)・゚・。

三木さんが舞台挨拶が我々キャストにとってのラストミッションだって言ってて
それもすごくよかったんだよなぁ。
あとよっちんが「ガンダムファンのおかげで00ができて
00ファンのおかげで劇場版が出来た」って。
劇場版まで00を繋いでくれたみんなに感謝したいって言ってたの。
もう泣けるコメントばっかりーーー!バカー・゚・(ノД`)・゚・。

最後も当然私の横の通路から帰ったんだけど
もう舞台挨拶に泣いちゃって
浩史、最後の挨拶すっごい短いんだもん!
あれ絶対泣くの我慢してたんだと思うの。
その分マモちゃんがいっぱいいっぱい思いを伝えてくれて
何度も言葉に詰まっててそれがホントに切なくて。
それくらいいっぱい思いの詰まった作品だったんだなーって。

映画を見た直後感動さめやらぬままの舞台挨拶は本当に心に染みました。
すごくよかった。

そしてそれが終わった直後すぐに2回目の舞台挨拶です。

17:20 上映前(12列目ど真ん中)

やっぱり距離としてはこれくらいがいいです。
映画も人を見るのも。
近すぎると何もできないよね←何がしたいんだ(笑)

並びは一緒。
でも今日最後の舞台挨拶だからかみんなテンション高い。
さっきの感動はドコへ!?(´∀`;)
マモちゃんがテンション高く挨拶したので
それと同じテンションで三木さんが挨拶したのがおもしろかった!
と思ったら浩史は超テンション低くて
おぃーーーー!って感じだったし(笑)

感想とみどころ
上映前なのでネタバレなし。
そんなこと言われたらみどころなんて言えないよね。
マモちゃんは変なポーズして「全部!」って言ってたし。
三木さんが投げやりに「見所はここでしょう!!」って
スクリーンを指さしたのが面白かった。
「それは見るところでみどころじゃないでしょ!」って
マモちゃんに突っ込まれてるし(笑)

浩史が1stの1話の試写会をやったときに
古谷徹さんから「ガンダムに乗ると人生が変わる」って言われたんだって。
(その話は以前にもしてたけど)
本当に人生が変わる作品に出逢えましたって。
そういえば雑誌でも2010年の目標はガンダムだったって言ってたもんね。
それくらい浩史の中で00の存在は大きかったんだなぁと思いました。
2ndの最後「僕はここからみんなを見守ることにしよう」っていう最後のセリフを言ってくれて
あれからどう話が進んでいくのか楽しみにしてくださいみたいな感じだったハズ。

この時ゆうきゃんがもそもそと小道具をだし。
どうやら会場で配られてるカード?みたいなものだったんだけど
なんとなんばはもう予定枚数を終了してなかったんだとか。
そんなものが配られてることすら知らなかった客席は
この時初めてそのことを知って
えー!ほしいーーー!!ってなって
キャストと監督が全員で「すいません」って頭を下げたのが超笑った。
みんな綺麗に90度のお辞儀(笑)
「謝罪会見だなー」って三木さん。
でも欲しかったよ、ハムが。。。

浩史の最後の挨拶は黒田さんが書いた脚本に監督が色をつけて
絵を描く人、音楽を入れる人、声を当てる我々がいて
初めて作品になるんだと。
アフレコ段階で納得できなかったことが
できあがったモノを見てわかることがいっぱいあったって。
当たり前だけどみんなで作った作品なんだなーって思って嬉しかった。

一緒に見た友達が帰りにぼそっと「三木さんって本当にあの声で生きてるんだなー」って言ってたの。
ほんとほんと!普段もイイ声。
素敵な人でした。

本当にいっぱいいっぱいキャストだけじゃなくいろんな人の思いが詰まった映画。
長くなったので映画本編の感想は次エントリで。
いっぱい感動した映画と舞台挨拶でした。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Profile

PUPIL

Author:PUPIL
HNは「ぴゅーぴる」とお呼びください。
慣れたら「ぴゅーちゃん」でいいです。

尊敬というか敬愛というか畏怖?
■ASKAさん
LOVE
■堂本光一様
■田口淳之介
↑私のジャニ界の2TOP↑
コンビはでんでん最強!
でんでん大好き♪

イケメンが好きなんじゃないの。
オトコマエが好きなの。

声優さん
■遊佐浩二
■神谷浩史
↑私の声優界の2TOP↑
■中村悠一
■小野大輔
■鈴村健一

あれよあれよで30代、北海道在住。
テンション割とたかめ。

Counter

calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

recent comments

お友達ブログ更新情報

*mailはこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

links

Archives

Categories

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © PUPIL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。