スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら堀田先生

週末はやっぱりばたばたしていて、やっぱり月曜日に更新です。

なんかこの感想を書いたら私の中でも堀田先生が過去のものになってしまうね。
ちょっと寂しいわ・・・。

せっかくだからドラマはブルーレイに落とそうかと思っているんだけど
堀田先生以外のシーンを見るのかどうかは大いに疑問ですね。

なんだかだんだん変な方向に進んでいったドラマでしたけど(笑)
なんつーか一番人間できていたのがスカイと娘ちゃんっていうね。

そんな中、最終回出番あるかなー?と思っていましたが
ちゃんと出てきてよかったです、堀田先生。
しかしなんか最後はすっかりオチ的なキャラになっていたような・・・。
おかしい・・・。
イケメンのお金持ちお医者さんじゃなかったのか。

と、まぁ言い出すとキリがないんですが。

出てきたシーンを振り返りたいと思います。

いきなり始まる陣痛。
よくある展開。

ヘイ!タクシー!で止まる堀田先生。
アンタほんとにストーカーだろ(笑)

「さっちゃんどうした!?」

どんなタイミングだよ。

「3丁目のてらおか産婦人科でいいんだよね?」
「・・・・おっちゃん!?」
「ちょ、ちょっと!」

いや、息子と堀田先生のやりとりもっと見たかったなー!
堀田先生の存在を知って金持ちにあこがれる息子とかよかったのに。
なんでうちのとーちゃんあんなんなの?ってますますひねくれて
そこからの更正的なこともあってよかったと思うのになー。
なんて今更。

ぶっ飛ばせってばしばしたたかれる堀田先生。
ドンマイ、俺!←

ってかさー普通ここで帰るだろ!

好きだった子の出産に立ち会うとかどんな罰ゲームだよ。
なんで一緒にそわそわしてんの。
意味わからん。
けど堀田先生に罪はないので愛でておく(´ω`*)
可愛いのー(盲目)

「出産には立ち会われないですか?」
「最近の主流ですよ?」

今頃!
しかも好きだった女の子の旦那さんに勧めるなよ(笑)

「尊敬します。その若さで。
 実は僕、高校時代ずっと片思いだったんです。
 さっちゃんに。
 あ、いや、なんでもないです」

いきなり何!!
このタイミングで言うかフツー!!
しかも旦那に!

意味ワカラン!!

「congratulation!それじゃ僕はこれで。
 おめでとう」

最強に意味わかんないから!!
なんでそこで英語なの???
堀田先生そんなキャラだったの!?

いや、もうなんか全部・・・アレなんだけど。

とりあえず堀田先生に聞きたいことは不規則な生活の中で
あんなにお肌がぴちぴちでいられる理由ですね。
堀田先生のスキンケア!
皮膚科の先生になればいいよ←


というわけでドラマとしてはつっこみたいところいっぱいあったし
ぶっちゃけ田口くんが出てなかったら絶対に見てないドラマだったけど
久しぶりの田口くんのドラマ。
楽しかったです。
毎週金曜日が楽しみだったし♪

このドラマ終わったらこのブログ何書けばいいんだろうと本気で思うくらい
更新しがいもありました。
おつきあいありがとうございました。

いや、このブログは終わりませんけど(笑)
みなさんもあーだこーだいいながら楽しい3ヶ月が過ごせたんじゃないかなと思います。
また田口くんのドラマを楽しみに。
私としては出演時間はこれくらいでも全然いいです。
コンスタントに出てくれれば・・・。


さて、久しぶりにスマスマあああああ!!!
スポンサーサイト

相変わらず・・・な第8話

更新遅くなりました。
日曜日は運動会でなんか休んだ気がしない月曜日なう←

そしてこのドラマ・・・
本郷夫妻はほんと流れにまかせて生きてる感じだよなぁ。
他人がいきなり退職金くれたり、無職だった父親が引き抜かれたり。
結局他人任せやん・・・みたいな。
他力本願っつーか。

次回最終回だけど堀田先生出てくるのかな?(笑)
結局どういう位置づけだったんだ、堀田先生よ。

冒頭ちまっと出てきた堀田先生を振り返るよ。

「さっちゃん」

カウンターの座り方!!
おかしい!
おかしいけどうっかりキュンってする程度には田口担です。
どこのモデルだよ(≧∇≦)

「大丈夫。ここペット同伴OKな店だから」

全然そんなお店に見えませんが・・・

「いこ」
「大丈夫なの?ほんとに」
「そ」
「ランチコース予約してあるけどいいよね?」

うひ。
こういうの勝手に決めてくれるのちょっと好き。
そしてさりげなくどうぞって手を出したのに萌えた♪

「気にすることないよ。
 昼はカジュアルスタイルだし」

いや、このお店周りにもペットがいるけどどう見ても違和感・・・

「今日のメインの地鶏のコンフィニ(?)最高なんだ」
「どうぞ」

堀田先生このお店よく来るんですかね?
私も堀田先生と地鶏食べたいーーー。
おいしいランチが食べたいーーーー←どっちがメインだよ

「何か嫌いなものがある?」

こういう場所でこういう話する本郷嫁、どうよ。
誘った方は結構気を遣うと思うんだけどな。

「へぇ」
「素敵だね、そういうの」
「あ、いや」

堀田くんマジモード!

「今朝、くぼたさんから手紙が届いたんだ」
「奥さんの初七日を終えましたって」
「僕はドクターとして絶対に助けたいって思ってた」
「ホスピスに行くのは最後まで反対だった」
「本当はもっと、もっと僕に何かできたんじゃないかってずっと・・・ずっと・・・思ってて」
「手紙の最後に書いてあったんだ『夫婦でいい時間が過ごせました』って」
「いいのかな、僕。患者さんの、ご家族の、そんな優しい言葉にさ、慰められててさ、いいのかな」
「ドクターとしてさ」

急にどうしたんだ堀田先生!
なんつーかさらっとなんでもこなせる大人な先生なのかと思いきや
(いきなり人に金渡すとかもろもろ問題はあるが)
いきなり悩みを語り始めてびっくりした。
なんか若者ならではの独りよがり感が出ててとってもいいよ!
悩め、若人よ←おまえいくつだ

「いいかな?」

いきなりなんだそれ。
誘ってんのかと思った←

「あったかいなぁ・・・ありがとう」

キスシーンktkr!!
っていうか今まで全くスカイに興味を示さなかった堀田先生がいきなりどうした!?


・・・とまぁなんかドラマの出来としては相当いまいちですけど(笑)
田口くんの演技はずいぶん良くなった気がします。
って思うの私だけ、なの?


ほんとドラマとしてはアレだけど(しつこい)
今週で堀田先生とお別れかぁ。
来週から何を楽しみに一週間頑張ればいいんだろうね・・・(´・ω・`)

そしてこのドラマは全話保存してどうすればいいのやら。
ブルーレイ買って落とすのが一番かな。

当て馬にすらなれない堀田先生な第7話

ちょっとこのドラマひどくない?
っていきなり番組批判から始まってしまうわけだけど。
キャラがいろいろぶれすぎ。
ぶれてないのしずかちゃん母娘だけだと思うんだぜ。

あんなにイケメン先生に嫉妬してた本郷パパが
なんで最後50万の相手を問い詰めないのかわからん。
どう考えたってあんな大金貸してくれる人、堀田先生以外にいないだろ。
なぜ修羅場らないのよ!?と。
なんでそこでほっこりしちゃうの?と。

もう一気にテンションだだ下がりだったわ・・・。

そして堀田先生、なんか毎回似たような格好なんだけど。
それでもお金持ちなのかしら?←

と、まぁいろいろあるんですけど今週出番多くてよかった(単純)

「おはよ」
「おはようございます」
「おはようございます」

颯爽登場堀田先生!!
なんだあのモデル歩き!
イヤッフー!!

「どうも」
「さっちゃんどうですか」

相手の都合も聞かず勝手に座る堀田先生。
旦那さんの前でさっちゃん呼びする堀田先生。
あんたどんだけフリーダムだよ。

「赤ちゃんの方、順調ですか」
「あのままうちの産婦人科に通っててくれてればね」
「いろいろ便宜も図れたんですけどね」
「なんとでもなったんだけどなぁと特別室は開いてたんだし」
「差額ベッド代くらいは・・・ねぇ?」

いやいやあんたひとんちの家庭の事情にどこまでクビつっこむねん!

「しかしすごいですね」
「僕と同い年でもうすぐ3人の子持ちでしょ?」
「僕にはとてもイメージできない」
「さっちゃんもえらいよなー」
「二十歳そこそこで家庭に入っちゃって」
「あ、当時は驚きました」
「看護師になる夢すぱっとあきらめて」
「僕は優秀なナースになるんだろうなって思ってたから」

あんた地雷踏みすぎだよw

「いい仕事ですか?」
「あぁ」
「なんか大変なんですね」

堀田先生大丈夫なの?
医者としてっていう以前になんかいろいろ欠けてる気がするけど・・・

「どうも」
「ここに来れば会えるでしょ?」

あんたどんだけ暇な医者なんだよ。

「そうなんだ?」
「じゃあぶしつけだけど、これ」
「いろいろ生活が大変だってご主人から聞いてるし」
「とりあえず10万」
「え?」
「大丈夫だよ」
「いや」
「いや、あの、ちょ・・・さっちゃん?さっちゃん???さっちゃん!!
 待って!ごめん!さっちゃん」
「はぁ」

もう堀田先生、そんなんで医者やってていいの!?っていうね。
いや、さっちゃんも妊婦隠して働くってどうなのよ。
なんかもういろいろ大丈夫なのか、このドラマの大人たち。

「さっちゃん」

ブルーな堀田先生かっこいいおおおおおおお!!!!

「びっくりしたよ、朝の電話」
「はい」
「さっちゃんの助けになれるんだったら」

ここ!ここ!
理由も聞かずに去っていく堀田先生いい先生ーーー!!
っていうかたぶん堀田先生にとっては50万なんてたいした額じゃないんだろうな。
貸したことも忘れる程度の額だから詳しく聞かないんだろうけど
でもここにうかつにもきゅんとした。

ってかその金生活費にしないんかい!!
もうなんだか本郷夫婦の問題はお金がないことだけじゃないと思うぞ、マジ・・・

そして修羅場にもならないくだり。
当て馬にもなれないの!?堀田先生。

つまんないヾ(*`Д´*)ノ"

しかも予告に出てこないし。
なんかこのままスカイの病気の話に突入してあれよあれよで子供が生まれそうだな。
前の職場の話はどうなったの?って感じだしなんかいろいろアレだなぁー。

堀田先生も常識知らずっていうか、ただのおぼっちゃんならあれでもいいけど
仮にも医者なわけだからそこは患者さんの状況っていうのを理解する必要があると思うんですよねー・・・。
受診してもお金払えない患者とかそういう人来ないの?この病院。
そういうことは全く知らないお気楽内科医なのかしら?

とりあえずそんなダメっぷりも含め堀田先生を愛でるだけのドラマになっちゃったなー。
キャストが豪華だった割りに残念です。

勢いで買ったぴあで田口くんが「ドラマが終わったら髪を切りたい」と言ってた。
さらに!?どんだけ!?
夏は短く、がモットーになったのかなー?
いい傾向ですけど(´ω`*)
男は黙って短髪!イエー!

最近浩史も短髪になってこれがまた激キャワで激エロですよ。
首周りの色気やばい。

存在が嫌味な堀田口先生が好きです、第六話

堀田口先生の出番が増えてきたねー。
にしても、フリーターからクビになった父親とおぼっちゃんなお医者さんでは
なんか比べる対象として違いすぎるような。
もうちょっと大手のサラリーマンとかそれくらいの方がリアルだったのになぁ。
って今更だけど。

そういえば公式HPに田口のインタビューが載ってましたね!

確かに堀田先生は「お金を出せば治療できる」が根本なんだよね。
だからくぼたさんにも最後まで頑張ろうって言っちゃうんだね。
それはお医者さんとしては間違ってないけど難しいところですね。

というわけでドラマ自体はなんかもうすべてが堀田先生の引き立て役のようになってますけど
(もちろん私の中でw)
とりあえず堀田先生が素敵なのでそれだけを追いかけてます。
あぁなんかものすごく田口担っぽい私・・・。
結局なんだかんだ文句つけても好きなんだよなぁ。

「くぼたさん、だから外出許可は出せないってこの前も言ったじゃないですか」
「僕からくぼたさんにお願いしたのはおくさまの説得です」
「まず1日も早くまた抗ガン剤の投与をはじめること、そのほかにもいろいろトライしたい治療もあるんです」

「ホスピス?」
「ご本人がもう・・・これ以上の治療を望まれないということですか?
 それが、それが何を意味しているかおわかりですか?」

「くぼたさん・・・はぁ・・・」

堀田先生は若いね。
若くて熱心なんだね。
だからどうにかして救いたいんだね。

獣医さんが相手が人間ならどうしたいか聞く、だけど犬にはそれができないって言ってたけど
堀田先生はその辺うまくまだできないっていうか
治療することがベストだと思ってるから奥さんの気持ちがわからないのかもね。
よりよい最後を、みたいなことはハナから視野にないっていうか。

こんな風に患者さんの家族を追い詰めちゃだめよと思うけど
熱心なところがまた嫌味がなくて。
患者さんの方が申し訳ない気持ちになっちゃうのかもね。
いいお医者さんになるためにいっぱいいろんな経験をするんだよ、堀田先生。
(完全ストーリー度外視w)

「どうしたの?」
「あぁ・・・ここあいてる」
「差額ベッド代払えば」
「あれだったら差額ベッド代僕が出すよ」
「うちの方が設備がいいだろうし、安心だと思うけど」

「え?誰が?僕が?・・・ごめん」

「そうなんだ」
「もし職種にこだわらないならアテはあるにはあるけど
 正社員募集で」
「うん」
「確かすぐにでも働けるはずだよ」
「ちょっと確認してみる」

あのイジワル母娘!GJ(≧∇≦)
イケメン彼氏!お金持ちのぉーイイ車乗ったぁーお医者さんでぇー!!

「どうも」
「もう今日からですか」
「お役に立ててよかったです」
「同級生のさっちゃんが困ってるの無視はできないですから」
「大変ですよね、家庭をお持ちだと」
「じゃ、頑張ってください」

いやぁホントに悪意がない嫌味って一番イラっとするよね(笑)

そんな堀田先生が大好きです゚.+:。(´∀`)゚.+:。

なんてブレない「いいひと」っぷり。

さて来週は堀田先生がケンカの原因になっちゃうのかしらんー!?(*´д`*)ハァハァ
楽しみー!


しかし「犬を飼うということ」っていうお話なのに犬の話全く出てこない感想だな(´∀`)

堀田口先生の着地点が見あたらない第五話

HEY見た!
ソリオ見た!

なんか田口さんがどんどん韓流になっていっているような・・・
まぁソリオもやっとパグチ卒業でありがたいんだけど
あのもっさい前髪はそれはそれでどうなのと。
っていうか髪の毛短いとほんと田口くんって小顔だよね。
顔ちっさ!足ほっそ!!


そんなわけでドラマです。

ほんとにこのドラマいろんなことがありすぎて。
団地の人たちどうなってん・・・

ほんと堀田口先生以外にあまり目的がないんですけど。
堀田口先生もどうやって絡んでいくのか全くワカランねー。
もっと略奪的な感じかと思ったのに
ただのいいひとっていうか度が過ぎたいいひとって言うか。

とか思ったら泉谷夫妻がらみであの家族と関わっていくのかな?

とりあえず田口くん見て癒やされたい週末ですね。

「さっちゃん」
「定期検診?」

待ってたの?ねえ待ってたの?
堀田先生暇なの?←

「大丈夫?
 ちゃんと自分を大事にしてる?」

どんな質問だよ。

「そっか。よかった」

「くぼたさんとお知り合い?あぁ・・・」

ってかこの後ろ手で立ってるのがなんて不自然なの (*´д`*) ←ちょっと萌えたw

「くぼたさん、病院に動物は
 あぁ、いやそれは・・・それは」

そんないきなり全否定アリなの?

「奥様のことで困っています
 実はこの1週間抗ガン剤の投与を拒まれていまして」

「ここ数日少しお元気に見えるのはそのせいで副作用がなくなって
 一時的に体が楽になっているだけなんです」

「ドクターとして全力で治療するのが僕の義務です
 それを患者さんご本人に拒まれてしまっては治療のしようがありません」

「たとえ1%でも希望が残っているならそこに全力をかけましょう
 奥さんを説得していただけませんか?
 お願いします」

うーん・・・
田口くんの演技に関係なく言ってることも仕草も医者っぽくないヾ(*`Д´*)ノ"
患者家族に駆け寄るとかあるんかね?
しかも医者が立って話すのかよー。座れよー。
ってか末期(?)の患者が治療を拒んだらどうするか相談するもんじゃないの?
医者が治療させろとか言わんやろー。

とまぁ不満ばっかりなんですけれども。
なかなかシリアスなシーンでございました。
ごちそうさまでした←

まぁ今週でドラマとしての着地点は見えたけれども
そこまでに堀田先生がどこまで関わっていくのか・・・
いっぱい出てくるといいなぁー。

Profile

PUPIL

Author:PUPIL
HNは「ぴゅーぴる」とお呼びください。
慣れたら「ぴゅーちゃん」でいいです。

尊敬というか敬愛というか畏怖?
■ASKAさん
LOVE
■堂本光一様
■田口淳之介
↑私のジャニ界の2TOP↑
コンビはでんでん最強!
でんでん大好き♪

イケメンが好きなんじゃないの。
オトコマエが好きなの。

声優さん
■遊佐浩二
■神谷浩史
↑私の声優界の2TOP↑
■中村悠一
■小野大輔
■鈴村健一

あれよあれよで30代、北海道在住。
テンション割とたかめ。

Counter

calender

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

recent comments

お友達ブログ更新情報

*mailはこちら*

名前:
メール:
件名:
本文:

links

Archives

Categories

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright © PUPIL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。